« 2013年に作ったインスト曲 | トップページ | 惜別〜2013終焉を迎えた建物 »

2013年12月30日

2013年に観たライブコンサート

◆1/28 ヴァン・ダイク・パークス with special guest 細野晴臣
       @六本木ビルボードライブ東京

ブライアン・ウィルソンを観てヴァン・ダイク・パークスを観ないのは
片手落ちな様な気がするのでビルボード東京へ。
ピアノトリオ+チェロ+ハープという素敵な編成。ゲストは細野さん。
密かに『さよならアメリカ、さよならニッポン』を期待していたのだが、
やりませんでした。終演後の地下鉄ホームで萩原健太氏を見かける。

◆4/11 キリンジ@NHKホール

1998年頃から好きになった兄弟ユニット、キリンジ。リードボーカルの
泰行氏が今回を持って脱退するというので、ほとんど解散コンサートを
観に行く様な気分でNHKホールへ。『グッデイ・グッバイ』に始まり
『悪玉』で終わる全3時間半!ZEPの様なインプロビゼーションではなく
緻密なポップソングを淡々と35曲もやるなんてホント凄い。
『ダンボールの宮殿』『愛のCoda』『Drifter』『エイリアンズ』など
聴きたかった曲がかなり聴けたので大満足。
泰行脱退前日だが、最後の挨拶は彼等らしくあっさりしたもので、
明るく楽しい雰囲気で終わった。3階最後列でも行ってよかった。

◆11/18 ポール・マッカートニー@東京ドーム

昨年のバート・バカラック、ビーチボーイズに続き、ポップマエストロの
真打ち登場である。東京ドームに来るのは新日の闘強導夢以来。
ましてコンサートなんて初めて。観客は意外と若い人も多く、
老若男女多種多様の顔ぶれだ。

Sdscn1943

場内放送の予告通り、定刻より10分遅れで暗転。
"Eight Days A Week"で幕を開けた。なるほど音が悪い。
歌も若干割れている。いろんな楽器が中域に集まっているので、
静かな曲ほどバランスがよく、弾き語りが一番よかった。
Xジャパンとか大音量のバンドは一体どんな音でやっているんだろう。

それはさておき、いやはやポールは超人だった。まだ5年、10年は安泰だろう。
ギター、ベース、ピアノを何度も取っ替え引っ替え、有名曲を勿体振る事なく
さらりと歌い始める。多少声が縒れてもオリジナルキーで歌う姿に
職人魂を見た。しかもステージ上で一切水分を摂らないなんて!
バンドをやる上でビートルズは基本中の基本であり、
ずっとお手本であり続けるが、追いつき追い越すなんて至難の技、
夢のまた夢だと思った。しかも全37曲。御年70歳にしてこの曲数。
恐らくサージェントペパーズ以来の再現になる
"Being For The Benefit Of Mr. Kite!"に興奮し、"Back In The U.S.S.R."
"Let It Be""Live and Let Die""Hey Jude"の流れに狂喜乱舞。
ダブルアンコールでは"Yesterday""Helter Skelter"そして最後の
アビーロードB面メドレー"Golden Slumbers〜Carry That Weight〜The End"は
正に圧巻で鳥肌が立った。素晴らし過ぎて感動!
4、50年前の曲なのに本人が歌っている不思議さよ。

Sdscn1944

今回S席が16500円という事でN君に誘われるまで躊躇していたのだが、
本当に行ってよかった。あと思ったのが、表向き禁止だった写真撮影が
ほとんど解禁されていた事。アーティスト側も宣伝の為に動画サイトや
SNSなどで広めてもらいたいかららしい。昔は厳しかったのになァと
隔世の感あり。

Sdsc_0247_2

来年はローリング・ストーンズに行く予定。

|

« 2013年に作ったインスト曲 | トップページ | 惜別〜2013終焉を迎えた建物 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2013年に作ったインスト曲 | トップページ | 惜別〜2013終焉を迎えた建物 »