« 2013年5月 | トップページ | 2014年1月 »

2013年12月31日

2013年を行動歴で振り返る

0104 岡本太郎美術館『小野佐世男—モガ・オン・パレード展』
   自転車で生田緑地へ
0105 横浜美術館『はじまりは国芳』展 明大前で新年会
0111 新宿秘宝館
0112 乱歩オフ会
0117 東京国際フォーラム『SPACE BALL』 丸ノ内散策
0124 東京現代美術館『アートと音楽』展
0128 ヴァン・ダイク・パークス with special guest 細野晴臣
       @六本木ビルボードライブ東京
0131 川崎大師 長年気になっていた川崎河港水門へ
0209 府中郷土の森 蝋梅を鑑賞
0215 親友ご母堂様の通夜
0217 新丸ビルと東京ステーションギャラリー
0222 上野下アパート 『諸星大二郎トリビュート展』
0224 上野で呑む 夜の上野下アパートへ
0228 バンドリハ開始 後にcosmixと命名
0303 浅草花やしきと神谷バー
0309 多摩川灯籠流し
0310 府中郷土の森 梅を鑑賞 煙霧に見舞われる
0312 メリーの訃報
0314 東横線渋谷駅と東急東横店東館
0321 東急東横店東館と下北沢駅
0322 東横線旧渋谷駅ステーションパークと夜の東急東横店東館屋上
0324 宿河原二ヶ領用水の桜を鑑賞 
0328 三沢川沿いとよみうりランド界隈の桜を鑑賞
0329 三原橋地下街シネパトスで最後のレイトショー『恐怖奇形人間』
0330 代々木ストロボカフェにてcosmixライブ 2年半振りのステージ 
0407 友人のお父様の通夜
0411 奥野ビル『NAKAGIN'S SCALE』展
   キリンジ@NHKホール 全3時間半に及ぶ素晴らしいコンサート
0418 下北でリユニオンSGTのリハ
0420 祖母の二十七回忌で根岸へ
0428 ムー君結婚式 披露宴〜三次会までSGTで全5曲演奏
0510 解体前日の上野下アパート
0517 東京タワー〜JPタワー
0601 世田谷美術館『暮らしと美術と髙島屋』展
   〜渋谷区郷土博物館・文学館『昭和30年代の渋谷駅とその周辺』写真展
0602 上野下アパート 最期の訪問
0607 銀座・三十間堀の建物を観て歩く
   ~銀緑館、最後の見学会~open! architecture
0614 銀座巡り 奥野ビル〜中銀カプセル
0615 妙楽寺であじさい鑑賞
0623 旧岩崎邸庭園
0712 秦野で蛍鑑賞会 例年より間近に鑑賞出来て大満足
0712 三井記念美術館『大妖怪展—鬼と妖怪そしてゲゲゲ』
0715 世田谷美術館『宮沢賢治—詩と絵の宇宙—雨ニモマケズの心—』展
0718 国立近代美術館『MOMAT コレクション』『都市の無意識』展
   〜東京都写真美術館『写真のエステ-写真作品のつくりかた』
   ぐるっとパスを購入しハシゴ
0725 東京富士美術館『小松崎茂展』 友のカーで八王子まで
0731 青梅散策 昭和レトロ3館ハシゴ〜鉄道公園
0805 根津〜九段下ぶらり歩き 御茶ノ水でレコード購入
0808 調布の昭和レトロビアガーデン
0816 横浜港周辺へ 飛鳥II出航 神奈川県庁舎夜間公開
0818 国立新美術館『アンドレアス・グルスキー展』
0823 東京都現代美術館『手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから』展
   小学館ビル落書き見学〜新丸ビル音楽バー
0824 調布市花火大会
0825 逓信総合博物館〜三井記念美術館『大妖怪展—鬼と妖怪そしてゲゲゲ』
   大手町〜日本橋〜神田〜万世橋〜御茶ノ水を歩く
0828 新横浜で広島の旧友と再会
0829 中野ブロードウェイ 流石サブカルの聖地
0830 新横浜で広島と横須賀の旧友と再会
0831 河原で偶然ISSを観る
0906 新丸ビル音楽バーへ
0913 大腸内視鏡検査 結果異常ナシ
0915 町田市国際版画美術館『静かな詩情銅 板画の色と光』
0919 万世橋エキュートマーチ 十五夜
0927 荏原中延付近散策 旗の台で呑む
0928 あまちゃん最終回 毎朝15分間楽しめた
0930 日高市巾着田の曼珠沙華と横瀬町の寺坂棚田
1011 秩父長瀞ぶらり旅
1018 鶴見線ぶらり旅 海芝浦〜国道〜総持寺 蒲田で呑む
1025 人生初の白髪染め    
   国立西洋美術館『ル・コルビュジエと20世紀美術』展
   〜三軒茶屋でコズミックスのアンプラグド・ライブ鑑賞    
1102 open! architecture in 中央区まるごとミュージアム2013
   日本橋高島屋と三越本店を見学
1103 妹夫婦、母とよみうりランドジュエルミネーション
1104 open! architecture in 中央区まるごとミュージアム2013
   日本橋・江戸桜通り演奏会
1107 bwqのメンバーと"MADE OF STONE"鑑賞 吾が青春の1ページ
1114 上野の森散策
1117 高幡不動参詣 急坂を登って標高130mの高幡城址まで
1118 西武池袋本店『諸星大二郎原画展』 前回より見応えあり
   ポール・マッカートニー@東京ドーム 御年70にして圧巻のステージ
1121 昭和記念公園で紅葉狩り
1124 深大寺参詣 調布駅からぶらり歩いて45分
1205 写実絵画専門のホキ美術館へ 外房線土気駅からバス
1214 世田谷がやがや館にてcosmixのアコースティックライブ
1223 母と皇居へ一般参賀
   東京ステーションギャラリー『生誕100年!植田正治のつくりかた』
1227 下北沢にてcosmixのリハ納め&忘年会
1228 元CLOOVERのメンバーと忘年会 新宿の片隅で場末感を満喫
1230 明大前で早実OB忘年の儀 久々に泥酔
1231 大瀧詠一さんの訃報に驚く

Twilogや写真データから拾うとざっとこんな感じであろうか。

今年も矢張りジャズ音源を買い漁り、ハービー・ハンコックやその周辺を
掘り下げた。ライブコンサートは別記事で書いたので割愛し、
展覧会では『はじまりは国芳』『アートと音楽』『大妖怪展』が印象深い。
小説では夢野久作、谷崎潤一郎にハマった。マンガでは相変らず
諸星大二郎、その他丸尾末広の描く乱歩作品などが増えた。

自分にとっての重大な出来事はなんといってもバンド活動を再開した事だろう。
ほとんどリタイアしたつもりだったのに、声を掛けてくれるんだから
昔の仲間は有り難い。結婚式の余興で急遽SGTまで復活を果たし、
3月、4月はみんなに追いつくのに必至だった。来年早々またライブがある模様。
昔の仲間と言えば、8月に専門学校時代の友人と久々に再会。旧交を温めた。

健康面では年明けからどうやら酒に対してアレルギーが出てしまい、
常に顔が赤く腫れる様になってしまった。肝臓なども調べてもらったが
正常だったので、医者には呑まない事だと言われる始末。
こっちは呑みたいから必至なのにつれないのだった。
その他、健康診断の結果、大腸内視鏡検査を受けるも腸には異常なし。
前日からの断食と当日朝に2Lの水分を飲まされるのが辛かった。
という訳で今は回数を減らし適度に呑んでいる。人と会う時は
大体マスク姿で安部公房『他人の顔』の主人公の様な気分なのである。
ずっと健康でありたいと思うのは儚い夢でありますな。

自分の周りでは2月、4月と友人の親御様の訃報が続いた。
我々もそろそろそんな歳になってきたのだろうが、自分はまだ
覚悟が出来ていない。3月のメリーは友人の飼犬だが、生まれた頃から
可愛がっていたので、会えないのはとても寂しい。
そしてこの大晦日に大瀧さんの訃報。
半ば引退していたとはいえ、この喪失感たるや。。。

そんなこんなで今年も暮れて行きます。
みなさん、どうかよいお年をお迎え下さい。
さよなら2013年。

| | コメント (0)

惜別〜2013終焉を迎えた建物

◆同潤会上野下アパート

ギャラリー 1 2 3

Sdsc_0693

◆東横線渋谷地上駅舎と東急東横店東館

ギャラリー 1 2 3

Sdsc_0859

◆小田急線下北沢地上駅舎

ギャラリー

Sdsc_0551

◆三原橋地下街シネパトス

ギャラリー 1 2

Sdsc_0199

◆銀座6丁目界隈 松坂屋と銀縁館

ギャラリー 1 2

Sdsc_0478

◆大手町界隈 逓信総合博物館

ギャラリー

Sdsc_0682

◆東京タワー 蝋人形館

ギャラリー

Sdsc_0898

| | コメント (0)

2013年12月30日

2013年に観たライブコンサート

◆1/28 ヴァン・ダイク・パークス with special guest 細野晴臣
       @六本木ビルボードライブ東京

ブライアン・ウィルソンを観てヴァン・ダイク・パークスを観ないのは
片手落ちな様な気がするのでビルボード東京へ。
ピアノトリオ+チェロ+ハープという素敵な編成。ゲストは細野さん。
密かに『さよならアメリカ、さよならニッポン』を期待していたのだが、
やりませんでした。終演後の地下鉄ホームで萩原健太氏を見かける。

◆4/11 キリンジ@NHKホール

1998年頃から好きになった兄弟ユニット、キリンジ。リードボーカルの
泰行氏が今回を持って脱退するというので、ほとんど解散コンサートを
観に行く様な気分でNHKホールへ。『グッデイ・グッバイ』に始まり
『悪玉』で終わる全3時間半!ZEPの様なインプロビゼーションではなく
緻密なポップソングを淡々と35曲もやるなんてホント凄い。
『ダンボールの宮殿』『愛のCoda』『Drifter』『エイリアンズ』など
聴きたかった曲がかなり聴けたので大満足。
泰行脱退前日だが、最後の挨拶は彼等らしくあっさりしたもので、
明るく楽しい雰囲気で終わった。3階最後列でも行ってよかった。

◆11/18 ポール・マッカートニー@東京ドーム

昨年のバート・バカラック、ビーチボーイズに続き、ポップマエストロの
真打ち登場である。東京ドームに来るのは新日の闘強導夢以来。
ましてコンサートなんて初めて。観客は意外と若い人も多く、
老若男女多種多様の顔ぶれだ。

Sdscn1943

場内放送の予告通り、定刻より10分遅れで暗転。
"Eight Days A Week"で幕を開けた。なるほど音が悪い。
歌も若干割れている。いろんな楽器が中域に集まっているので、
静かな曲ほどバランスがよく、弾き語りが一番よかった。
Xジャパンとか大音量のバンドは一体どんな音でやっているんだろう。

それはさておき、いやはやポールは超人だった。まだ5年、10年は安泰だろう。
ギター、ベース、ピアノを何度も取っ替え引っ替え、有名曲を勿体振る事なく
さらりと歌い始める。多少声が縒れてもオリジナルキーで歌う姿に
職人魂を見た。しかもステージ上で一切水分を摂らないなんて!
バンドをやる上でビートルズは基本中の基本であり、
ずっとお手本であり続けるが、追いつき追い越すなんて至難の技、
夢のまた夢だと思った。しかも全37曲。御年70歳にしてこの曲数。
恐らくサージェントペパーズ以来の再現になる
"Being For The Benefit Of Mr. Kite!"に興奮し、"Back In The U.S.S.R."
"Let It Be""Live and Let Die""Hey Jude"の流れに狂喜乱舞。
ダブルアンコールでは"Yesterday""Helter Skelter"そして最後の
アビーロードB面メドレー"Golden Slumbers〜Carry That Weight〜The End"は
正に圧巻で鳥肌が立った。素晴らし過ぎて感動!
4、50年前の曲なのに本人が歌っている不思議さよ。

Sdscn1944

今回S席が16500円という事でN君に誘われるまで躊躇していたのだが、
本当に行ってよかった。あと思ったのが、表向き禁止だった写真撮影が
ほとんど解禁されていた事。アーティスト側も宣伝の為に動画サイトや
SNSなどで広めてもらいたいかららしい。昔は厳しかったのになァと
隔世の感あり。

Sdsc_0247_2

来年はローリング・ストーンズに行く予定。

| | コメント (0)

2013年12月29日

2013年に作ったインスト曲

近頃は動画から音を切り出して散りばめる傾向があるので、
インストというよりもサウンドコラージュといった趣きか。
(タイトルをクリックでSoundCloudへ飛びます)

Urban Heat Island

2013年夏のインスト第1弾。
バンドアパートを漁っていたら出来た曲。後半はダブにも初挑戦。
タイトルは夏を想起させるものなら何でもよかったので、
ヒートアイランド現象の英訳に。
2013.07.06

マルトノの夏

2013年夏のインスト第2弾。
去り行く夏への郷愁をイメージした。
今夏は暑過ぎてダブばかり聴いていた所為でダブ傾向にあり。。。
オンド・マルトノという珍しい楽器の音をコラージュした。
2013.09.15

The Nyanton Song

30年近く聴いてきたLED ZEPPELINへのオマージュ。
ギターとベースのみ演奏。ペイジとジョンジーの雰囲気だけでも出せたか?
ドラムはプリセット音源の切り貼り。ところどころボンゾとパーシーと
テルミンをコラージュした。Zep好きならニヤリとするタイトル?
2013.12.01

<おまけ>

Urban Heat Island feat. IKZO

上記インストにIKZO御大のボーカルをミックスして、
人生初のマッシュアップに挑戦したもの。
BPMが近い事もあって脅威的なスンクロ率に!
IKZOブームは去ったが、矢張り素材が神懸かっている。

| | コメント (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2014年1月 »