« 平成二十六年 | トップページ | 2014 今年観た展覧会41 »

2014年8月 7日

大阪48時間旅行

既に半年が経過し、季節が反転してしまったが、2月の大阪旅行記を。。。

2/19 0時16分の終電で上北沢〜親友の車で一路西へ

2月上旬に予定していた旅行が大雪で順延し、
当日またしても大雪予報で危ぶまれたが、
無事天気になったので友(ユー)のカーで出立。
新東名〜伊勢湾岸道で新鮮なドライブ。名港の夜景も綺麗。
サービスエリアのコーヒー自販機、カップが空のまま出てくる。
「コーヒールンバには気をつけろ!ライブ映像はやらせだった!」

2/20 交通科学博物館〜千里阪急ホテル〜なんば千日前

朝靄の琵琶湖畔、びわ湖大津SAで朝食。
車中、大滝さんを偲んでLET'S ONDO AGAIN。河原の石川五右衛門に吹く。
阪神高速に入り、高速道路が貫通しているビルの話をしてたら
梅田出口が正にそれだった!車を止めて撮影すること暫し。
この勢いで姫路モノレールの遺構、大将軍駅も見たかったが
ストリートビューで我慢。

Sdsc_0012_2

弁天町には10時過ぎに到着。駅近くのマックでコーヒーを啜る。
もうすぐ閉館の交通科学博物館は平日にも関わらず大盛況。
万世橋の交通博物館の終焉を看取らず残念な思いをしたが、
今回追体験出来た様な気がする。

Koukahaku

15時前に博物館を後にし、道中、キースジャレットの
一人多重録音ヨレヨレボーカルアルバムを聴きながら北へ。
まるで土曜ワイド劇場に出てきそうな千里阪急ホテルにて旅装を解く。
70sテイストが素敵なロビー。


Sdsc_0463_2

大雪で宿泊予定日を変更したのでツインの部屋を充てがわれた。
こんな広い部屋に一人は落ち着かない。

Sdsc_0466

少し仮眠の後、地下鉄で難波へと繰り出す。
難波高島屋前で大阪の友人と合流し、
3人でホルモン屋と串揚げ屋をはしご。寒風が堪えた。

Sdsc_0484_2

千日前でアビーロード風にブラブラして
宿に戻ってオリンピックの真央ちゃん見て
感動してネル-----!

Sdsc_0505

2/21 万博公園で遺構探し〜日本庭園〜民族学博物館〜光る目玉の塔〜

ホテルのバイキングで朝食を摂る。本日は聖地巡礼也。

Sdsc_0530

千里ニュータウンを一周してから万博記念公園へ。
造成中のエキスポランド跡地にて。映画「日本万国博」の冒頭、
重機による千里丘陵開発のシーンがこの風景と重なった。


Sdsc_0586

大階段を隔てるこのフェンスが万博遺構の明暗を分けたのか。

Sdsc_0575

エキスポタワー跡地 
解体から既に11年経つが、枯れ草がその位置
を知らせている。

Sdsc_0590

万博公園に入場し日本庭園へ。
休憩所にて経年で歪んだ文字シールを発見!素晴らしい!

Sdsc_0713

日本庭園には初めて入ったが、上代から中世、近世、現代へと
庭園様式の変遷が実際に鑑賞出来る仕掛け。流石人類の進歩と調和。

Sdsc_0741_2

園内は凛とした空気。折しも紅梅の咲き始めた頃であった。

Sdsc_0756

日本民芸館は生憎改修中で休館だったので、
万博後の1977年に出来た国立民族学博物館へ。こちらは黒川紀章の設計。

Sdsc_0774

世界各国の風習、文化などが実に多面的に展示されており、
仮面奇面、民族衣装、楽器、仏像などがこれでもかと並ぶ。
友人の云った「みんぱくは巨大な雑貨屋」は言い得て妙也。
膨大な収蔵品とそのスケールに圧倒され、頭がクラクラした。

Sdsc_0799

Sdsc_0941

ギターの歴史はそのままロックミュージックの変遷史となっていた。
ベックやクラプトン、フランプトン、カールトンなど実に妥当なセレクトン。

Sdsc_0896

Sdsc_1004

そしてあっという間に閉館時間。
太陽の塔が夕焼けに染まる。

Sdsc_1048_2

Sdsc_1049_2

Sdsc_1053

黄金の顔の目玉に灯がともる頃、東京へ出発。

Sdsc_1086z_2

浜松SAで遅い夕食を摂り、24時40分に帰宅。
48時間の珍道中であった。

大雪は免れたが、北風が強く、小雪もちらついたりしたので
大阪は物凄く寒かった!が今回の印象。
閉館間際の交通科学博物館と造成中のエキスポランド跡を
見る事が出来たのは今回限りなので貴重な体験が出来たと思う。

写真ギャラリーはこちら

交通科学博物館〜千里阪急ホテル〜難波千日前

万博公園(エキスポランド跡〜日本庭園〜民俗学博物館)

|

« 平成二十六年 | トップページ | 2014 今年観た展覧会41 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 平成二十六年 | トップページ | 2014 今年観た展覧会41 »