« 大阪3万6千歩の旅 | トップページ | 惜別 - 2015終焉を迎えた建物 - »

2015年12月28日

2015 今年観た展覧会39

今年観た展覧会は合わせて39回。昨年の41回とほぼ同じだった。
日本画(浮世絵)と建築関連に偏ったきらいがあるが、
自分の趣味に適った展覧会が多かったとも言える。

0104 日本橋高島屋『生誕130年 川瀬巴水展―郷愁の日本風景』
0114 町田市立国際版画美術館『月岡芳年展~新形三十六怪撰と月百姿』
0118 近現代建築資料館『建築のこころ アーカイブにみる菊竹清訓展』
0121 鉄道博物館『東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ』
0205 乃木坂TOTOギャラリー・間 
   『TANGE BY TANGE 1949-1959/丹下健三が見た丹下健三』
0222 東京ステーションギャラリー『東京駅100年の記録』
0325 駒場博物館特別展『會舘の時代―中之島に華開いたモダニズムとその後』
0402 東京庭園美術館『幻想絶佳:アール・デコと古典主義」』
0409 国立新美術館『マグリット展』
0412 練馬区美術館『小林清親展』 
0416 ブリヂストン美術館『ベスト・オブ・ザ・ベスト』
0423 国立近代美術館は常設展と『大阪万博1970 デザインプロジェクト』
   横尾忠則のせんい館がクローズアップされていたのは興味深い
0507 西武渋谷店『明和電機プロデュースMise Mono Go! Yeahhh!!!』
0514 太田記念美術館『広重と清親展』 葛飾応為「吉原格子先之図」も鑑賞
   東陽町竹中工務店GALLERY A4『同潤会16の試み』
   同潤会アパートの建具や部屋の再現コーナーもあり
0521 神奈川県立近代美術館鎌倉館『鎌倉からはじまった。
   1951-2016 PART 1:1985-2016 近代美術館のこれから』
0528 中野ブロードウェイギャラリーリトルハイ『諸星大二郎原画展』
0604 東京都現代美術館『山口小夜子 未来を着る人』
0618 弥生美術館・竹久夢二美術館『日本の妖美 橘小夢展』
   小夢、華宵、夢二の三大家を鑑賞
0702 三菱一号館美術館
   『画鬼・暁斎-KYOSAI 幕末明治のスター絵師と弟子コンドル』
   東京交通会館『写真でたどる有楽町の記憶~交通会館が歩んだ50年~』
0724 目黒区美術館『村野藤吾の建築』
   80点にも及ぶ模型展示は圧巻 村野作品である目黒総合庁舎も探訪
0730 国立近現代建築資料館『ル・コルビュジエ×日本』
0820 ホテルオークラ『美の宴』
   パナソニック汐留ミュージアム『アールヌーヴォーのガラス展』
0903 横浜赤レンガ倉庫『70'sバイブレーション!YOKOHAMA』
   当時のYMOのステージを再現した本物の機材に感動
0906 東海大学湘南校舎『山田守展』
   会場となった校舎が山田建築の為、隅々まで探訪する
0924 目白永青文庫『春画展』 
   18禁なのに乳飲み児を抱えたお母さんが何人もいたのが解せない
1001 東京都現代美術館『オスカー・ニーマイヤー展』
1022 国立近代美術館『「映像表現 '72」展、再演』
   『特集:藤田嗣治、全所蔵作品展示』
1029 京橋LIXILギャラリー『鉄道遺構・再発見』
   旧新橋停車場鉄道歴史展示室『温泉と文芸と鉄道』
1112 原美術館『そこにある、時間 ドイツ銀行コレクションの現代写真』
1202 大丸心斎橋店『回顧展』
1203 高島屋東別館史料館『美術とインテリアの出会い』
   大阪日本民芸館『開館45周年記念 濱田庄司』
1217 八王子市夢美術館
   『日本のポスター芸術 明治・大正・昭和 お酒の広告グラフィティ』
1224 銀座ギャルリーためなが『藤田嗣治展』

『マグリット展』は昨年から楽しみにしていた事もあり大満足。
最後の作品から順路を逆行し、また最初に戻って二度観てしまった。
『小林清親展』『川瀬巴水展』は共に展示作品が多く、見応えがあった。
清親は巴水にも影響を与えた文明開化の浮世絵師で光と影の表現が秀逸。
見応えといえば『村野藤吾の建築』展も80点に及ぶ模型展示で圧倒された。
東京駅の歴史は丸の内のビル群の歴史でもあり『東京駅100年の記録』展は
近代建築史としてもかなり面白かった。
そして今年は本邦初の開催で耳目を集めた『春画展』が印象深い。
人目に触れる機会が少なかった所為か彩色が綺麗で、
兎に角保存状態がよいのに驚いた。着物の柄も細かく描かれていて見事。
その他、ブリヂストン美術館、ホテルオークラ本館が建替えとなり休館、
その空間の展示が見納めとなった。

年明けは郵政博物館『心斎橋大丸と逓信省のヴォーリズ建築原図展』と
『鎌倉からはじまったPART 3: 神奈川県立近代美術館<鎌倉館>』へ行く予定。
こちらも終焉を迎える建物の展覧会。

|

« 大阪3万6千歩の旅 | トップページ | 惜別 - 2015終焉を迎えた建物 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大阪3万6千歩の旅 | トップページ | 惜別 - 2015終焉を迎えた建物 - »