« 2016 今年観た展覧会62 | トップページ | 2016年を行動歴で振り返る »

2016年12月30日

惜別 - 2016終焉を迎えた建物 -

今年終焉を迎えた建物 (画像クリックで拡大)

◆上野こども遊園地と桜木亭 
動物園前の馴染み深い風景も公園整備で消え去る運命に。
上野の良さがどんどん失われて行くなぁ。

Sdsc_0108_3

Sdsc_0107_2

◆旧寛永寺坂駅(台東倉庫)
年頭に内部公開記事が出たと思ったら、すぐに仮囲いで覆われてしまい、
夏には昭和8年竣工の旧駅舎が解体され更地になってしまった。
年末にはコンビニらしき建物が建つまでになったが、

新設されたプレハブ小屋は地下空間の入口に当たる場所なので、
構内へと続く階段は解体を免れたと思う。
国旗掲揚台跡もその近くに移動されていた。

Tumblr_ofhsl6ag9c1txcj79o6_1280

Tumblr_ofhsl6ag9c1txcj79o2_1280

Cqnp6rusaazwg2

◆浅草観音温泉
浅草寺近くの隠れた名湯。ボイラー故障により閉店との事。
このまま廃墟になってしまうのだろうか。


Dsc_0356

Dsc_0362_2

Dsc_0363

◆花やしき旧人工衛星塔(Beeタワー)
昭和35年から56年間に渡り浅草のシンボルだったが、本年10月に姿を消した。
幼少の頃より親しんでいるものが無くなるのは哀しいものだ。
それにしても取壊しが決定してから解体まであっという間だったなぁ。

Sdsc_1034

Sdsc_1048

◆宮益坂ビルディング
5年前に立ち寄っただけなのでコンデジで撮影。
しかもエントランス周りのみ
の撮影なのが悔やまれる。。。。
日本初の分譲マンションという事だが、昭和28年竣工で
11階建ての高層ビルというのも他になかったのではないか。

Sdscn0193

Sdscn0196

Sdscn0204

◆日本ビルヂング
オフィスビルでありながらも優美な印象を受けるのは
角丸の柔らかい曲線からか。各階をぐるりと取り巻く連続窓も美しい。
低層階と高層階の大きさや形が異なるのもまた一興で
かなり魅力的な建物なのである。
竣工は1962年。
その規模から東洋一のオフィスビルと謳われたという。
常盤橋街区の再開発により解体が始まっている。


Sdsc_0777

Sdsc_0785

Sdsc_0790

◆旧日本興業銀行本店(みずほ銀行前本店ビル)
鏡面仕上げの御影石に覆われた丸の内の細長オフィスビル。

村野藤吾による設計で1974年の竣工。
周辺のビルと共に一体化されて建て替えられる模様。

本物の写真を撮影していないので村野展の建築模型から。

Sdsc_0968

◆府中通信基地
いつも美術館とセットで訪れている府中通信施設。
先月立ち寄ったら米軍居住区の廃墟がキレイサッパリ解体されていた。
1986年に日本返還後、永らく跡地利用が難航していたが、
漸く国立医薬品食品衛生研究所の移動が決定し、着工した模様。
現在も米軍管理下であるマイクロウェーブ塔周辺だけは残るらしい。
気軽に行ける異空間でお気に入りの場所だったが、これもまた時の流れか。
閑静な住宅街に聳える巨大なパラボラアンテナももうすぐ見納めに。。。

Tumblr_oium1q2n481txcj79o5_1280

Tumblr_oium1q2n481txcj79o3_1280

Tumblr_ohnl39ngi61txcj79o4_r1_1280

在りし日の府中通信施設ギャラリー
2010/8/2 ミステリーゾーン探訪
2012/2/19 冬の府中通信施設
2014/4/27 新緑の府中通信施設

今年はその他、
菊竹清訓設計の出雲大社庁の舎(1963年)や銀座テアトルビル(1987年)
黒川紀章設計の青山ベルコモンズ(1976年)など
メタボリズム系建築の解体が目に付いた。
出雲大社庁の舎は一度見ておきたかったのに残念だ。

そういえば先頃、昨年閉館した心斎橋大丸の解体写真を目にして
なんとも切なくなった。あんなに素晴らしい百貨店建築を何故…
と未だに嘆いているが、心に残っているからこその感慨かもしれない。

東京もオリンピックに向け再開発が加速しているので、
古い建物や町並みは益々少なくなるのだろうなぁ。

|

« 2016 今年観た展覧会62 | トップページ | 2016年を行動歴で振り返る »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2016 今年観た展覧会62 | トップページ | 2016年を行動歴で振り返る »