« 昭和モダン建築案内 | トップページ | 惜別 - 2016終焉を迎えた建物 - »

2016年12月29日

2016 今年観た展覧会62

0107 増上寺宝物展示室『狩野一信の五百羅漢図展』
0113 神奈川県立近代美術館鎌倉館『鎌倉からはじまった。
   1951-2016 PART3:1985-2016 近代美術館のこれから』
   ☆カマキン最後の展覧会。
    美術館としての役目を終えた建物は一体どうなってしまうのだろう。

0114 川崎市民ミュージアム『江口寿史展 KING OF POP』
0121 六本木21_21 DESIGN SIGHT『建築家 フランク・ゲーリー展』
0128 ソラマチ郵政博物館『心斎橋大丸と逓信省のヴォーリズ原画展』
0204 国立近代美術館工芸館
   『1920~2010年代 所蔵工芸品に見る 未来へつづく美生活展』
   国立近代美術館本館
   『ようこそ日本へ:1920‐30年代のツーリズムとデザイン』
   『MOMATコレクション特集:ちょっと建築目線でみた美術、編年体』
0210 中村屋サロン美術館『浮世絵・水彩画に見る 新宿風景展』
0217 松濤美術館『公募展』
   『小さきものは皆うつくし 鼻煙壺 沖正一郎コレクション』
   ☆鼻煙壺とは嗅ぎ煙草入れの容器のこと。贅を凝らした細かい装飾が美しい。
0306 銀座教文館『アントニン・レーモンド展』
   松屋銀座『アートたけし展』
0311 伊藤忠青山アートスクエア『マグダレナ・ソレ写真展』
0317 出光美術館『勝川春章と肉筆美人画』
   三菱一号館美術館『PARIS オートクチュール − 世界に一つだけの服』
0324 聖徳記念絵画館 常設展示
   東京都庭園美術館『ガレの庭』
   ★アール・ヌーヴォーの作品をアール・デコの館で観るというこの上ない贅沢さ!
0401 天理ギャラリー『鉄道絵葉書』展
0406 練馬区立美術館『国芳イズム − 歌川国芳とその系脈』 
   ☆国芳門下の芳年、暁斎は言わずもがなだが、
    今回クローズアップされている小林永濯がよかった。

0407 サントリー美術館『没後100年 宮川香山』
   ★ガレにも通ずる作風という口コミを見て訪れたが、本当に行ってよかった!
    動植物を題材とし、本物の素材と見紛う質感や物語性のある立体的な表現など、
    両者の共通点に驚く。高浮彫はやや盛り過ぎの感もあるが、
    こんな陶器は見た事がない。晩年の控え目で優美な作品もまた素敵。

0413 サントリー美術館『没後100年 宮川香山』(年寄りを連れて再訪)
0414 町田市立国際版画美術館『清親 光線画の向こうに』
   ☆広重、国芳から巴水までの光線画の系譜と清親の画業を
    約300点の作品で辿る。見応えありであっという間に閉館時刻。

0421 Bunkamuraザ・ミュージアム『俺たちの国芳 わたしの国貞』
   ★今まで観た浮世絵は一体なんだったのかと思うくらいに細密で色鮮やか。
    目から鱗とはこの事か。そうかと思えば赤塚キャラの様な国芳の落書き猫に脱力。

0428 江戸東京博物館『近代百貨店の誕生 三越呉服店』 常設展示
   ☆樋口五葉、多田北烏、杉浦非水。。。戦前のポスターは素晴らしい。
    企画展ついでだったが、リニューアルした常設展示に圧倒された。

0505 東京国立博物館平成館『黒田清輝』 本館常設展示
0512 東京都庭園美術館『メディチ家の至宝』
0525 朝倉彫塑館 常設展示
   弥生美術館『耽美・華麗・悪魔主義 谷崎潤一郎文学の着物を見る』
0602 三井記念美術館『北大路魯山人の美 和食の天才』
0605 朝倉彫塑館 常設展示(年寄りを連れて再訪)
0609 サントリー美術館『広重ビビッド』
   ☆評判通りのクオリティーでくにくに展に続き、良いものを観た。
    馴染みの場所が出てくる江戸百景は矢張り面白い。

0616 世田谷美術館『竹中工務店400年の夢』
   ☆建物を建てる側からの視点で日本の建築史を俯瞰。
    神社仏閣からあべのハルカスまで…あの建物もこの建物も竹中工務店だった。

    
商業施設の開業パンフから絵画まで幅広い展示。堪能。
   目黒雅叙園『和キルト×百段階段 2016』
0707 文化村ギャラリー『NOE Mielotar展』
   渋谷アツコバルー『神は局部に宿る』
0714 早稲田大学會津八一記念博物館
   『ル・コルビュジエ ロンシャンの丘との対話』
   早稲田大学演劇博物館『あゝ新宿 − スペクタクルとしての都市』
   ☆60年代の若者文化を濃密な展示で再現。歴史的木造建築内に工事現場やトタンのセット。
    
アングラ好きは必見だった。磯崎新の新都庁案も。
   東陽町Gallery A4『「美の壺」和モダン・暮らしと憧れ』
   ☆放送10周年を迎え、376ファイルに及んだテーマから住まいと工芸に焦点を絞った展示。
    現存する同潤会の分譲住宅佐々木邸を再現。

0721 江戸東京博物館『大妖怪展』
   ★躍動感溢れる天狗と蜘蛛の巣の取り合わせがスパイダーマンの様。
    墨の濃淡だけで描かれた若冲『付喪神図』にも惹かれる。
    作者不明の
幽霊画が一番怖かった。
0728 三井記念美術館『アール・ヌーヴォーの装飾磁器展』
0804 太田記念美術館『怖い浮世絵展』
   ☆幽霊、化け物、血みどろ絵…この時期ならではの背筋も凍る展示。
    国芳、国貞に芳年、芳幾とこの手の仕事は歌川一派の独壇場か。

   目黒雅叙園『和のあかり×百段階段』
0810 サントリー美術館『エミール・ガレ展』
   国立新美術館『ルノワール展』 
0821 岡本太郎美術館『鉄道美術館』
0825 国立古文書館『ようこそ地獄、たのしい地獄』
0904 紀伊國屋書店新宿本店『二人展 宇野亞喜良×山本タカト「天守物語」』
0923 吉祥寺美術館『小林かいち』
   ☆少女好みの抒情的な図案家だが、アールデコの影響が色濃く
    日本人離れしたデザインに惹かれる。

0929 山種美術館『浮世絵 六大絵師の競演』
1006 銀座教文館『藤城清治影絵展「光と影は幸せをよぶ」』
   ★御歳92の藤城先生が命がけと仰る展覧会。直筆のあいさつ文にぐっとくるものがあった。
   下町風俗資料館『娯楽の聖地 浅草』
1013 サントリー美術館『鈴木其一 江戸琳派の旗手』
   ☆極彩色の世界に妖気が漂っていてゾクゾクした。
1027 汐留ミュージアム『モードとインテリアの20世紀』
   日比谷図書文化館『江戸からたどるマンガの旅』
1103 国立科学博物館『シーボルト展』と常設展示
1106 東京都写真美術館『杉本博司 ロスト・ヒューマン』
   ▽リニューアル後初めての展覧会という事もあって、かなり気合いの入った
    大掛かりなインスタレーションだったが、珍しくピンと来ない展覧会だった。

1110 国立新美術館『ダリ展』
   ☆初期の習作から絵画の枠を飛び越えた作品まで、多面的なダリが観られて面白かった。
    ドン・キホーテやアリスの挿絵がかなり斬新で驚く。

1113 増上寺宝物展示室『宮川香山展』
   『狩野一信の五百羅漢図展』 
1120 松濤美術館『月 − 夜を彩る清けき光』
1130 府中市美術館『藤田嗣治展』 
   ☆祖国でも異邦人的存在だった藤田の憂いを感じる。
    30年代のエキゾチックな画風や晩年の宗教画は初めて観た。

1208 太田記念美術館『水野年方展』
   ☆芳年も清方も好きなのに何故か目にした事が無かった年方。
    初期の筆致や構図は師匠と見紛うほどだが、後年の淡い色彩はまるで水彩画の様に美しい。
    国芳から深水までの系譜を歌川玄冶店派と呼ぶそうだ。
   ミズマギャラリー『山口晃展』 
1222 大田区立郷土博物館企画展『大田区居住90年記念 川瀬巴水』
1225 東洋文庫ミュージアム『本の中の江戸美術』展
    
六義園の近くにこんな素晴らしい場所があったなんて!

★印が今年のベスト5で順不同。☆印は印象に残った展覧会。

再訪はカウントせず、常設展を同時に鑑賞した場合は1回としても、
2016年に観た展覧会は62回。なんと5日に1回程観ている計算になる。
ぐるっとパスや金券ショップの利用で昨年より格段に増えてしまったので、
来年は節制しよう。。。

今年も日本美術が多かったが、狩野一信、宮川香山、小林永濯、
水野年方、小林かいちの作品に初めて触れ感動した。
西洋画ではジョルジュ・バルビエとの出会いもあった。
話題の『若冲展』も観たかったが、長蛇の列に辟易して行かずじまい。

来年は『河鍋暁斎展』と『ミュシャ展』を楽しみにしている。

|

« 昭和モダン建築案内 | トップページ | 惜別 - 2016終焉を迎えた建物 - »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 昭和モダン建築案内 | トップページ | 惜別 - 2016終焉を迎えた建物 - »